レディ

肌を一層引き立てる美白化粧品【おすすめの製品と効果を実感】

肌がアクネ菌と戦っている

ウーマン

ニキビのケアとは少し違う

赤ニキビがいろいろな方法を試しても消えない場合は、ニキビ跡が赤くなっているのかもしれません。ニキビ用のケアや洗顔は肌を刺激します。ニキビ跡は肌がアクネ菌の戦っている状態なので赤みが出ますが、刺激を与えてしまうともっと治りにくくなってしまいます。ニキビ跡に限らず、けがをしたり、かぶれたりしたら赤みが出ます。そこに違う薬や過度に洗ったりしたら治らない、というのと同じです。けがやかぶれについては正しい薬を使いますが、ニキビ跡はなるべく低刺激にして保湿をし、ターンオーバーを促すことで時間はかかりますが、きれいに治すことができます。ただ放置してしまうと赤みから色素沈着でシミになってしまうので、適切なケアが必要です。

生活習慣の見直し

肌のターンオーバーで必要なのは睡眠と偏りのない栄養です。肌が作られる10時ごろには睡眠がとれると理想的です。好き嫌いはもちろんですが、ダイエットなども控えて、バランス良く食事をとります。このときに食物繊維をとることで便秘にも効果があり、肌にも効果が出ます。保湿用の化粧品はビタミンC誘導体配合のものを使います。この化粧品も数多く種類がありますが、あまり安いものは配合比が低く効果がありません。ある程度の金額はするようです。ニキビ跡とニキビが混在している場合はビタミンC誘導体配合の化粧品を使うと、ニキビが悪化してしまいます。まずはニキビを治し、ニキビができない肌にしてから赤みに対処することになります。病院でレーザーをしても肌に刺激を与えることになりますので、時間がかかっても肌のターンオーバーと保湿で治すことがきれいに治る近道です。